Wobbelのバランスボードを個人輸入!

子どもがwobbelに道路を作って遊んでいる様子

よくインスタで見かけて気になっていたバランスボードのWobbel(ウォーベル)。
でもこのバランスボードを調べてみたら、結構いいお値段…。
しばらく二の足を踏んでいましたが、買ってしまいました!!

このページはWobbel の口コミ(レビュー)と個人輸入の記録をまとめました。

そもそもWobbel ってなに?

我が家のフェルトありのwobbel
我が家のwobbel

オランダで2015年に生まれた木製バランス遊具ブランド。
Wobbelの製品はシュタイナー思想に基づいていてシンプルで美しく自然素材で作られており、遊び方も限定せず自由な遊び方ができます。

例えばゆりかごになったり、プラレールのコースになったり、おままごとの台になったり、かくれんぼの壁になったり、トレーニングやヨガの道具になったりもします。

Wobbelはヨーロッパ最高のブナ材を何層も重ねており、それを高圧でプレスされ独自の設計で美しい曲線のボードに仕上げられています。

そしてなんと全国のおもちゃコンサルタントの投票によって決まるグッド・トイアワード2020に、ウォーベル・オリジナルが選ばれました!

参考出典

私が感じたWobbelの魅力

個人輸入でwobbelが届いた状態
届いて開封した時の状態
  • 大きな遊具だからバランス感覚等発達促進に繋がる
  • 大人も一緒に乗って楽しめる
  • シンプルなデザインで色々な遊び方に使える
  • インテリアとして浮く事もなく、むしろいいアクセントに

自由な遊び方とボードに立った時の身体認識が促されてバランス感覚の発達に役立つ事が出来そうなのは本当に魅力的だなと思いました。
また、200kgまで耐えられる設計になっているから親子で乗って一緒に遊ぶ事もできるし、大人もストレッチとかにもヨガにも使えるしただぼ子どもの遊び道具ではなく、家族全員で使えるツールとしてリビングに一台置いていてもいいかなとも思いました。
美しい木の曲線とシンプルなデザインでインテリアとしても全く浮くこともなく、自然な感じなのもグッドです◎

Wobbelを海外で買うメリットとデメリット

我が家のウォーベルを遊ぶ具体例の紹介

Wobbelを個人輸入するメリットは

  • 日本未発売の製品が欲しい!(ホワイトウォッシュ等)
  • とにかく少しでも安く買いたい!

だと思います。
実は、日本公式未発売に白塗りのブナ材でホワイトウォッシュバージョンがあったり、グレー等に塗装してあるリミテッドがあったりします。
リビングに置いていても違和感のない木製遊具だからこそ、材質や塗装までこだわりたい・・・!!という方は本当におすすめです。
またデメリットとしては

  • 返品が大変
  • 日本語が通じないから全てやり取りは基本英語
  • 何かあってもメールが返ってこない可能性も
  • 当たり前だけど日本の保証がきかない

といった感じでしょうか。リスクを取りたくない方は日本公式で買いましょう。
2020年11月にスターターの方も取扱を始めたみたいです。
一度WobbelJapanの方へ問合せをしたことがあるのですが、とても迅速で丁寧な対応をしていただきました。
また、楽天での取扱も開始したそうなので、ポイントを貯めたい方とかはこちらがオススメかもしれません。

関連情報

Wobbel Japan公式originalの商品ラインナップ
Wobbel Japan公式starterの商品ラインナップ
Wobbel Japan公式XLの商品ラインナップ

Wobbel Japan公式 楽天市場店ショップトップページ
Wobbel Japan公式 楽天市場店originalの商品ラインナップ

wobbelは個人輸入で安く手に入れる

私は国内の公式で買うか、海外から個人輸入をするか本当に迷いました。
何故国内の公式で買うのを諦めたかというと、国内未発売のおもちゃを輸入する際に、長期的なお付き合いができるお店をついでに探しつつ、安く手に入れれたら最高だという結論に至ったからです。
なかなか大きい遊具を輸入するのには勇気がいりますが、wobbelの個人輸入について自分がやったことをまとめてみました。

個人輸入でいくらかかったか。どれくらいで届いたか。

個人輸入で払った関税の明細

毎日通貨のレートは変わるので参考までにですが、私は合計で22,500円で買えました(商品代金20,600円関税とか1,900円)

日本公式で買うと諸々込みで29,600円なので、7000円くらいはお得に購入することができました。

注文からかかった日数は7日でした。

海外のサイトを色々見回ってみると本当に値段設定はバラバラなので私が買った所が最安値ではないと思います。
今回のwobbelは大きい遊具な為、日本へ配送不可のサイトも多かったです。
あっここ安い!!って思っても買えないって事もあります。

関連情報

財務省関税局関税のしくみ
keisan個人輸入にかかる関税の計算

私が注文したお店
One Hundred ToysWobbel一覧(英語サイト)

日本へ配送可能なお店
ElenfhantWobbel一覧(英語サイト)
Lazy LamaWobbel 一覧(オランダ語サイト)

私が個人輸入する時のお店選びの基準

Wobbleを個人輸入した時に貼られていたシール。木の板が一枚入っているだけだがきちんと取扱注意が貼られていた。

数年前に国内ですが詐欺サイトに引っかかりそうになり、その経験から国内でも海外でも以下の事を条件にお店を選んでいます。

  • 住所、電話番号、責任者の記載があるか。
  • 住所は本当に存在していて実在する店舗か。
  • インスタをやっていて、それなりのフォロワーと更新が高頻度でされているか。
  • PayPal対応か

でしょうか。中でもオススメのポイントはインスタをやってるかどうかです。

インテリアや子供用品はビジュアルも大事なのでインスタはいい宣伝になるんです。だから更新をちゃんとしているアカウントなら詐欺でもなく商売っ気がある元気なお店だなぁって思います。しかも海外通販で良くあるメールの返信が返ってこないだとか遅いっといったケースもインスタ経由でメッセージを送れば返してくれることもあります(経験あり)
PayPalは買い手保護制度によって万が一のトラブルの時に返金が早かったりするのでオススメです。

条件にはないですが個人で運営してるとうなお店は事前にメールのやり取りをしておくとより良いです。オーナーとの相性って本当に大事!!

wobble(ウォーベル)を個人輸入する時どんなワードで検索するかは非常に大事です。お店に全種類の色が揃っているわけではないからです。だからヨーロッパの公式サイトで事前に色を調べてから検索窓に自分の希望とサイズを入れましょう。

画像は海外サイトのWobbleを探す時の検索ワードです。
originalかstarterか、それと欲しい色は入れましょう。

まとめ

子どもがwobbelに乗ってテレビを見ている様子。自分が落ち着くスポットになっている。
  • 個人輸入すると約7000円程安く買えた(レートによる)
  • お店によっては日本へ配送していないので要注意
  • 日本未発売のボードもあるのでよく調べてから購入を!

少し大きな買い物だからこそ色々調べてから購入をオススメします。
この記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

↓1歳3ヶ月でまだうまく乗れないですがレビューを書いてみました。