1歳目線のWobbel徹底レビュー

子どもが1歳の誕生日に、Wobbel(ウォーベル)を購入しました。
その時はやっと立てたばかり。当たり前ですがWobbelに乗って揺れるなんてできませんでした。
そんな月齢でもオススメしたいWobbelの口コミ(レビュー)を書いていきたいと思います。

執筆者はこんな人↓


買った時の記録はこちら↓

Wobbelとは何か

ウォーベルにグリムスのコップ重ねを順番にコロコロ。1歳でも転がす遊びで楽しめます。

オランダで2015年に生まれた木製バランス遊具ブランド。
Wobbelの製品はシュタイナー思想に基づいていてシンプルで美しく自然素材で作られており、遊び方も限定せず自由な遊び方ができます。

例えば左右にゆらゆら揺れるバランスボードになったり、プラレールのコースになったり、おままごとの台になったり、かくれんぼの壁になったり、トレーニングやヨガの道具になったりもします。
使う人によって、その時の気分によって、その時の状況によって使われ方は様々であり想像力が養われる魅力的なボードです。
シンプルで無駄がないデザインなので、リビングや子ども部屋に置いておいても違和感がなくむしろオシャレな家具になります。
ヨーロッパ最高のブナ材を何層も重ねており、それを高圧でプレスされ独自の設計で美しい曲線のボードに仕上げられています。

そしてなんと全国のおもちゃコンサルタントの投票によって決まるグッド・トイアワード2020に、ウォーベル・オリジナルが選ばれました!

関連情報

GOOD TOY :GOOD TOY AWARD2020

購入時に迷うサイズとフェルト

フェルトのウォーベルだからこそ滑らず踏み台にして登れている様子。

まず購入時に迷うサイズとフェルトの有無。これは私もずいぶん悩みました。夫にも何回か相談して決めました。使用のレビューの前に、製品のレビューからしていきたいと思います。

サイズはoriginalを買った

フェルトありでも問題なく円形の玩具が転がして遊ぶ子ども

ウォーベルのサイズのラインナップは3種類。オリジナル、スターター、XLです。
サイズに関しては迷わずオリジナルでした。
選んだ基準は

  • 0歳から対象であること
  • 子どもが2人乗っても、大人と子どもが乗っても窮屈にならないこと
  • 子どもが大きくなっても対応できる長期的な物がよかった

でした。

XLはオリジナルよりも1周り大きく約115×40cmで小学生〜大人におすすめとされています。
大人には凄くいいサイズで対象年齢も一応問題はないですが、
残念ながら1歳の誕生日プレゼントが目的だったので候補から真っ先に除外。

スターターのサイズは約70×27.5cm。
オリジナルよりも本体重量が2kgとオリジナルよりも2.2kg以上も軽く小さい子どもでも取り回しやすいサイズになっています。
確かにこのサイズ感ならスターターの説明にもある通り、旅行先や持ち歩きも出来そうです。
スターターは軽くてコンパクトな設計は魅力的ですが、私はオリジナルよりも20cm短いのは少し小さく感じてしまいました。

☆商品比較一覧表☆

オリジナルスターターXL
サイズ(長さ×幅)約90×30.5cm約70×27.5cm約115×40cm
高さ約21cm約13cm約25cm
重さ約4.2kg約2kg約6.5kg
対象年齢0歳から0歳から0歳から(おすすめは身長140cm以上から)
耐荷重200kg100kgまで約200kg

関連情報

すごく迷ったフェルトあり?なし?

ウォーベルにフェルトがあって良いことのひとつはフィギアが乗せやすいです。

結論から書くと私はフェルトありを買いました。
これはウォーベルが欲しいと思ってから購入まで悩んでました。
何故ありにしたかというと

  • 私の家の床は傷が入りやすいタイプ
  • 子どもが自分で移動させてラグがない部分で使用しても大丈夫
  • 防音効果がある

という二点でフェルトありを選びました。
フェルトありはフェルトの経年劣化だけが心配ですが、劣化したらしたときに対応を考えるなりしよう
と夫と話しました。
現在1歳3ヶ月の息子ですが、ダイニングの椅子がリビングに移動していたり、
ウォーベルも定位置から移動していたりするのでフェルトありで良かったねと話しています。
ソファーにかけて滑り台も出来ますが、流石にフェルトなしよりは滑りは悪いとは思います。
ただ逆によじ登ったりする時に、フェルトのおかげで滑りにくくはなっているので登りやすそうです。

1つフェルトなしで最も魅力的に感じることは、躊躇なく外に出して遊べる点だと思います。
汚れたらさっと水拭きで済むけど、フェルトありは難しそうです。


今の所、フェルトありで後悔はないです。
こればっかりはメリットデメリットが家庭によって分かれると思います。
Wobbel Japanの公式サイトにセレクションガイドやQ&Aもありますので参考にしてください。

関連情報

Wobbel Japan:よくある質問Q&A
Wobbel Japan:セレクションガイド

Wobbelの使用レビュー

ウォーベルが届いて約3ヶ月。現在1歳3ヶ月ですがまだまだボードに乗って優雅に揺れることはできません。
最初の1週間くらいはまだ与えるのが早かったかな…なんて思ったけど、今はこのタイミングにあって良かったと思えるほどです。
まだまだ乗りこなせない月齢なりのレビューをしてみました。

1歳前からでも出来る。Wobbelならではの楽しみ方。

私の子供はよく手押し車やウサギをウォーベルの坂の上から転がすのが好きです。

私の子どもは、車が大好き。
お散歩に出れば近くの車通りの多い道路付近で止まって15分以上眺めていられる程。
家でも木製の車を手にして、階段や廊下を走らせます。
ウォーベルが家に来てからは、ウォーベルは山になりました。
階段や廊下は並行・直線だけどウォーベルが来てからは綺麗なカーブがあるので、
坂までは自分の手で動かし、頂点で離すといった遊びに夢中になっていました。
よくよく考えてみれば、こういう坂を転がして遊ぶというのは家の中のものではあまりできないので、
ウォーベルがあるからこそできた遊びだったかもしれません。

落ち着いてテレビを見られるスポットになった

リビングに子ども用の椅子はない代わりにウォーベルに座ってテレビ鑑賞をしていることもしばしばあります。

買って1ヶ月。山だったり谷だったり専ら車のコースになっていたウォーベルでしたが、
とうとう別の使い方をするようにもなりました。

私の家庭は大体1ヶ月の半分くらいはワンオペ生活なので、夕飯を作る時にテレビにお世話になっています。
そんなある日、料理を作りながら子どもの方を見たらウォーベルに座ってテレビを集中して見ていました。
いつもは立ったり、ラグに座ったり、おもちゃの棚に移動して遊びながらたまに見たりであまり集中はしていない様子でしたが
ウォーベルに座るようになってからは30分くらいは集中できるようになりました。
それから毎日は座って見ていないですが、よくウォーベルに座ってテレビを見るという行動を見かけるようにはなりました。
あまり構ってあげられない時間に子どもが落ち着けるスポットが出来たのは本当に良かったです。

1歳3ヶ月で少し揺れる程度乗れるようになった

1歳3ヶ月で少しウォーベルをゆらゆらできるようにはなってきました。

まだまだ気まぐれで乗る程度ですが、少し揺れる程度に乗れるようになったのは買って2ヶ月ちょっと経った1歳2ヶ月後半でした。
私も旦那もまだまだかかるかななんて思っていたので、少しびっくりです。
毎日リビングにポンと何気なく置かれたボードに短時間ながらも遊び続けていたので、
バランス感覚を早く身に付けることが出来たのかなぁなんて思います。
早い時期からウォーベルをプレゼントして良かったと思うのは、
成長と共に関わり方を観察できるいい道具だなと実感できたことだと思います。

1歳の子どもにもウケた!マジック遊び

ウォーベルでマジック遊び。中のものを消したりして遊びます。

我が家ではWobbelが家に来てから一時期、手品遊びが流行っていました。
すごく簡単でタネも仕掛けもとかいう次元ではないくらい簡単なので、手品というのも恥ずかしいくらいですが
子どもには大ウケでした。

  • 子どもをWobbelを挟んで向かい側に座らせます。
  • Wobbelの下には何もないことを確認させます。
  • 上から布をかけて、(背中とか足の下に)隠しておいたおもちゃをWobbelの下に忍ばせます。
  • 布を取って覗くとあら!びっくり!おもちゃが出現(^^)

これをやるとケラケラ笑い、
また、同じ手順でおもちゃを無くすと「あれー?」と言って不思議がっていました。

まとめ

2歳になった今随分乗りこなせる様になりました
  • まだ乗れない月齢でも成長がわかるからこそオススメしたい!
  • 転がしたり、トンネル遊びをしたりWobbelだからこそ出来ることは沢山!
  • リビングに子ども用の椅子がなくてもWobbelに座ることができる!
  • 大人もゆらゆら揺れるのが楽しいし、子どもにマジックとかもできて家族が笑顔になれる

生後半年から計画していたWobbelの購入。
買ってすぐは少し早かったかななんて思ったけれど、思った以上に成長が見れる良い道具でした。
まだまだ使う日使わない日のムラもあるけれど子どもが遊ぶスペースにポンと置いておくだけで、
自分がやりたいことを考えながら遊ぶことができるのは凄くいいと思います。

私は海外で個人輸入をして購入をしましたが、日本の通販の取扱は公式サイトだけではなく
楽天からも買えるそうなので入荷状況にもよりますが、日本でもお得に買うことができるようになっています。
さらにWobbelが盛り上がってくるといいですね♪

関連情報