アウディTTにチャイルドシートは載せられる?

私が妊娠中に乗っていた車はアウディTT(8N)。妊娠が分かっても子育てにスポーツカーは向かないからという理由で乗り換える気もなく、そのまま乗り続けました。
クーペで車内空間はもちろん狭く、本当に適合するチャイルドシートがあるのか不安はありましたが、今では子どもと一緒にスポーツカーライフを楽しめています。

この記事では、1歳までに使っていたチャイルドシートと1歳から使ったシートの紹介とこれはいいなぁと思ったシートを紹介していきますね!

そもそも妊娠中にスポーツカーは大丈夫なのか。

妊娠中に私が実際に乗っていた車です。
  • 車高が低いからお腹が出ている状態では乗り降りはしにくい
  • 地面にコンパクトカーよりも近い所で座っているから振動がくる
  • シートが普通のフラットなタイプではないからよりお腹を圧迫する

なんて心配があるかもしれません。
私は、アウディのシートが凄く心地のいい柔らかさだったのとあまりお腹が出ないタイプだったので、そこまでシートベルトの圧迫もなく妊娠期間を過ごすことができました。
ただ、心配な妊婦さんは控えておいた方がいいかもしれません。

チャイルドシートの選び方

はじめての子どもだとチャイルドシートはとても悩みますよね。チャイルドシートのことと選び方をまとめてみました。

そもそもチャイルドシートとは。

赤ちゃんから幼児までが車に乗る時に着用するカーシートの総称が「チャイルドシート」なんだそうです。
子どもの年齢や体格によって種類が違ったりします。

  • 0ヶ月〜12ヶ月(身長70cm以下) ベビーシート
  • 1歳〜4歳(100cm以下) チャイルドシート
  • 4歳〜10歳まで(140cm以下) ジュニアシート

大体のシートがベビーシートとチャイルドシートの兼用だったり、チャイルドシートとジュニアシートの兼用だったりができる作りになっています。
6歳になるまでは、道路交通法によりチャイルドシートの着用が義務付けされているのでしっかり選びたいですね。

関連情報

沢山ある中から何基準に選ぶ?

世の中にチャイルドシートはいっぱい出回っていますね。まずは選ぶ基準を私なりにまとめてみました。

  • 車に適合するかどうか
  • 安全基準
  • 対象年齢
  • 価格
  • デザイン
  • ISOFIX対応か、シートベルト対応か
  • 重さ
  • 回転やリクライニング
  • サンシェード等のアクセサリーパーツの有無

沢山基準があって困ってしまいますね・・・!
出産準備はどうしてもお金がかかるもの。
私は0ヶ月~のチャイルドシートは載せ替えが多くなると予想していたのでISOFIXとシートベルトの両方対応していることと価格にを重点においてチャイルドシートを探しました!
1歳からは適合と重さに重点をおきました。

クーペのスポーツカーに適合するベビーシートはあるのか。

ベビーシートの特徴は何より後ろ向きに座ることではないでしょうか。

骨格がまだ未発達な新生児期は首まわりがとても弱く、安全性の観点から前向きに座ることができません。ここからはベビーシートの紹介をしていこうと思います!

多機能!!スポーツカー適合のベビーシート

私の載っているアウディTT初期型に残念ながら0ヶ月〜のベビーシートの適合はありませんでした。
ただ、多くはないですがTTの2代目以降の型やトヨタ86とかは適合があって選べそうです!!
2代目TTやトヨタ86の適合の中でこれはいいなぁと思ったのは

F2プラス AF+トラベルシステムキット グッドキャリー
その中で後ろ向き設置ができて、尚且つそのままキャリーできるこれは素敵な商品だなぁと思いました。
これはISOFIX対応商品ではないですが、B型ベビーカーに取付ができて、新生児からでも活躍できるようになりますし、
車の振動で子どもは寝ることが多いと思うので、そのまま車から取り外しができてキャリーできるのも魅力的だと思います。
これがあればクーハンも必要がなく、快適に移動ができそうですね。
私の車は適合ではなかったものの、母と旦那の車は適合だったのですが
クーハンもベビーカーも頂き物があったので、それがなかったらきっとこれを買っていたと思います!

私が買った0ヶ月からのベビーシート。

初期型の適合がなかったので、1歳まではどうしていたかというと夫の車か母の車を借りて乗っていました。
その時に買っていたチャイルドシートはこれ。

  • ISOFIXとシートベルト両方対応
  • ISOFIX対応だと高い値段が多いがこれは4万円切るくらいの価格(楽天のポイントが大きく付く時に買いました)
  • サンシェードのアクセサリーパーツも付いてくる

が大きなポイントだと思います。

子どもが生後2週間の時にチャイルドシートに座っている様子の写真です。


ただ思ったよりもリクライニングはしないので、首座りまで沢山お出かけの予定がある人や里帰り出産で長距離を走る可能性が
ある方はフラットに横になるタイプのチャイルドシートがオススメです。

1歳からのチャイルドシート。

1歳になるころ、そろそろTTに乗せれるだろうとチャイルドシートの検討を始めました。買ったものとそのレビューをまとめていきます

多くのスポーツカーに適合チャイルドシート

エールベベサラット3ステップ クワトロプレミアムW !!
このチャイルドシートの特徴は・・・

  • 肩ベルトを嫌がる子でも安心インパクトシールドタイプ
  • 女の人でも楽々運べる軽量設計
  • シートの着脱が簡単!載せ替えも苦ではない
  • 1歳から11歳まで長く使える
  • 食べこぼしもなんのその。簡単に分解できて丸洗いも可能(クワトロプレミアムWのみ)
  • 汗っかきでも快適なメッシュ素材

っていう感じで、良いとこずくめなチャイルドシートです。
プレミアムにしたのは、丸洗いができることと、1歳はヘッドレストまでは頭が届かない為サポートクッションが必用だったからです

軽い・簡単だからこその快適

特徴にも上げた通り
シートベルトを直接身体に付ける肩ベルトタイプではなく、
手を置くインパクトシールドにシートベルトを通すタイプのチャイルドシートです。

高さがありそうで天井の低いクーペに本当に乗るかは不安だったのですが、
適合は確認したのでドキドキしながらも購入。
届いたのがこちら!

クワトロプレミアムなのでサポートクッション付きだったのですが、
紐で固定するタイプでした!

届いた時の一番の感想は何より軽いでした!!!
新生児が乗れるタイプのシートはとにかく重たい印象があったのですが、
これは5.2kgしかないそう。

両手で持った感じはこんな感じ。
軽々すっと持てます。

さて、TTに載せてみましょう!

シートの着脱も物凄く簡単で、シートベルトをインパクトシールドに通すだけなので面倒な固定もありません。

側面に体重別の使用方法が乗っているので、
つける時も迷わず、切り替えのタイミングも困らないです。

だから急な載せ替えも苦ではありません。
さらに、おやつやジュースをこぼしても安心!
クワトロプレミアムWなので丸洗いができます。

画像の様に基本がホックで止まっており、取り外しも簡単でした!
メッシュ素材なので乾きも早そうです。

しかも1歳から11歳まで長く使えるタイプ。
乗り換えしてもきっと大丈夫。

そんないいことだらけのエールベベサラット3ステップですが
デメリットと言えば、
・足をバタバタさせる可動域がベルトタイプに比べて少ないこと
・服に食べこぼしたら拭きづらいこと
でしょうか。

まとめ

  • 0歳からのシートは適合がなかったから、ISOFIXでもシートベルトでも付けれるクルリラAC
  • 1歳からはエールベベサラット3ステップ クワトロプレミアムW

という結果でした。
TTでの移動は2ドアだから不便というのは今の所は感じていません。
(2人目ができたら流石に厳しいかな。)
むしろ後ろの座席と距離が近いから、バックミラーでもよく顔が見えるし
良いこともあるなと感じています。
スポーツカーで子育ては本当にできるか不安だったけど、
当分は楽しめそうです☆